試聴する

夕映えの恋人

この曲の表示回数 17,072
歌手:

加山雄三


作詞:

岩谷時子


作曲:

弾厚作


風が吹く 波が立つ しぶきがあがる
港でかもめが啼くときは
夕陽が大空染めるのだ

背中に寄りそう恋人よ
本当に好きならついて来い

俺とならこの海も越えても行ける
わかればこの手を離すなよ

星が降る 月が出る 心が騒ぐ
遠くで漁火燃えるとき
男は船べり叩くのだ

甘えて見上げる恋人よ
そんなに好きならついて来い

お前なら幸せを約束しよう
いつでもこの手を離すなよ
嵐が来たときすがるのだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕映えの恋人 歌手:加山雄三

加山雄三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995/08/21
商品番号:FHCF-2249
ファンハウス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP