ひろしま、そして雨ン中

この曲の表示回数 8,214
歌手:

瀬川瑛子


作詞:

三宅立美


作曲:

船村徹


男ごころを冷たく濡らす
夜のひろしま 雨ン中
好きでした生命をかけた恋でした
その君が 遠くへ
お嫁にゆくと聞かされて
泣いて歩きました…
京橋 あたり

生きる望みも 崩れて消えて
傘もささずに 雨ン中
夢でした虹より淡い恋でした
死ぬよりも 辛いと
囁く君を 抱きながら
ふたり歩きました…
比治山あたり

汽笛悲しい ひろしま港
船の灯りも 雨ン中
駄目でした 思い出だけの恋でした
二人して よく来た
待合室の レストラン
ひとり飲んでいます…
忘れるために
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひろしま、そして雨ン中 歌手:瀬川瑛子

瀬川瑛子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-07-25
商品番号:CRCN-40745
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP