海猫

この曲の表示回数 8,744

あれは十五歳(じゅうご)の 夏だった
海猫ばかりが 泣いていた

あれは岬に 立っていた
死んでもいいよと 思ってた

あれから何年 都会の隅で
逃げだしたかった ふるさとに

恋しいね… 会いたいね…
心よ…心よ… 花いちもんめ
泣くことなんか もう疲れたくせに

あれは十九歳(じゅうく)の 春だった
遅い桜が 咲いていた

あれは切符を にぎってた
上りの列車を 待っていた

あれから何度も 都会に負けて
帰ろうと思った あの駅舎(えき)に

恋しいね… 会いたいね…
心よ…心よ… 花いちもんめ
泣くことなんか もう忘れたくせに

恋しいね… 会いたいね…
心よ…心よ… 花いちもんめ
泣くことなんか もう疲れたくせに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海猫 歌手:門倉有希

門倉有希の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-23
商品番号:VICL-36533
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP