海猫

門倉有希

海猫

作詞:荒木とよひさ
作曲:都志見隆
発売日:2009/09/23
この曲の表示回数:10,755回

海猫
あれは十五歳(じゅうご)の 夏だった
海猫ばかりが 泣いていた

あれは岬に 立っていた
死んでもいいよと 思ってた

あれから何年 都会の隅で
逃げだしたかった ふるさとに

恋しいね… 会いたいね…
心よ…心よ… 花いちもんめ
泣くことなんか もう疲れたくせに

あれは十九歳(じゅうく)の 春だった
遅い桜が 咲いていた

あれは切符を にぎってた
上りの列車を 待っていた

あれから何度も 都会に負けて
帰ろうと思った あの駅舎(えき)に

恋しいね… 会いたいね…
心よ…心よ… 花いちもんめ
泣くことなんか もう忘れたくせに

恋しいね… 会いたいね…
心よ…心よ… 花いちもんめ
泣くことなんか もう疲れたくせに

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません