目の中の春

この曲の表示回数 6,201
歌手:

南沙織


作詞:

有馬三恵子


作曲:

筒美京平


北国へあてて遅い春が
速達を出すらしい
インフレの街を後にして
絵の具箱ひろげに
私の心の風 いつもの風
どこかの軒先ぬけて
はるかな岬へ旅立つのよ
ただこの私は残るの
ただ窓辺にいるだけ

陽だまりが今日も馴れた指で
花時計まわしてる
目にあまるようなふしあわせ
さしあたりないのに
私のむなしい胸 ただよう胸
小舟の帆をあげながら
別れのワルツを今聞いているの
ただこの私は残るの
ただ窓辺にいるだけ
いつこの私は行けるのかしら
いつこの私は行けるのかしら
いつこの私は行けるのかしら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:目の中の春 歌手:南沙織

南沙織の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/08/19
商品番号:MHCL-20072
ソニー・ミュージックダイレクト

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP