消えたプレヤード

この曲の表示回数 7,943
歌手:

LUNKHEAD


作詞:

小高芳太朗


作曲:

小高芳太朗


燃え尽きていく夕方の雲
東に吸い込まれる影

今日が笑う 寂しそうに

誰もいない国領川で僕はただ立ち尽くしていた
紫色の空の下 迷子みたいに

そして あたりまえに夜が来る

ああ、なんにもない音が響く
干涸びた枯れ葉みたいだ

月が笑う 寂しそうに

誰もいない国領川で僕はまだ立ち尽くしていて
紫色の空はもう何処かに消えた

遠くで鳴く犬の声

誰もいない 誰もいない

僕は独りで考える
あの娘は誰のために泣いていたのか?

気付けば街には灯が点り…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:消えたプレヤード 歌手:LUNKHEAD

LUNKHEADの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-07-08
商品番号:VICL-63351
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP