試聴する

月と手のひら

この曲の表示回数 10,561
歌手:

LUNKHEAD


作詞:

小高芳太朗


作曲:

小高芳太朗


すっかり遅くなったな
月がもうあんなに高くなってる
君はもうそろそろ眠くなるはずなのにそれでも
星のシャワーと夜の風が
君の頬を桜色に染める
はしゃいだ声、弾んだ息
街灯が創る二つの影

手をつないでうちに帰ろう
四月とは言っても夜はまだ冷えるから
風邪引かないように
少し急いで

色々話したいことが
たくさんあるはずなのに
ひとつも言葉にはならないから
強く手をにぎる

高台から望む街は
窓の数だけ光る命
みんなきっと少しだけ
人より幸せになりたいだけ

手をつないでうちに帰ろう
四月とは言っても今日は特に冷えるから
風邪引かないように
手をつないでうちに帰ったら
温かいミルクを飲もう
夜はまだ長いからいい夢を見れるように
少し甘くして

いつか君のその手は
違う誰かを幸せにする
その未来へ君を送り届ける
手をつないで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月と手のひら 歌手:LUNKHEAD

LUNKHEADの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-05-11
商品番号:VICL-61628
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP