八月の空へ翔べ

この曲の表示回数 10,773
歌手:

NSP


作詞:

天野滋


作曲:

平賀和人


草原の白い柵に
少女の君が寄り掛かってた
新鮮な風を集めて
深く吸い込む思い出遠く
八月の空はどこまでも
続いた青い空
自然を愛する気持ちさえ
忘れていたようだ
僕は今 あの時の
君に口づけた 一人の少年

膨らんだ夢はいつか
少女の君を大人に変えた
どうしても行くと言うなら
せめてたまには電話をよこせ
八月の空はいつまでも
二人の別れ道
都会が冷たくいじめたら
帰って来るがいい
僕は今 あの時の
君の泣き顔 思い出してる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:八月の空へ翔べ 歌手:NSP

NSPの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-10-09
商品番号:YCCU-13
ヤマハミュージックコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP