輝きの詩

この曲の表示回数 12,581
歌手:

徳永英明


作詞:

徳永英明


作曲:

徳永英明


冷たい風が春の光に変わって行くように
軋む心の音もやがてはやさしくなるだろう

風が舞うよ
僕らのそばで
君を強く抱きしめる

いつか見ていた夢の続きを
もう一度ほら描いてみようよ
心を決めて心を決めて
両手を広げいま風を受け止めてゆくよ

四角い窓が立ち並ぶ街すれ違う人並みに
誰もがそっと微笑むような花を贈りましょう

風が吹くよ
僕らの明日へ
君を強く抱きしめる

この喜びもこの歌声も
君といるから輝きの詩に
心のままに心のままに
変わりゆくときのいま風に委ねてゆくよ

いつか見ていた夢の続きを
君と一緒に輝きの詩に
心を乗せて心を乗せて
両手を広げいま風を受け止めてゆくよ

この喜びもこの歌声も
君といるから輝きの詩に
心のままに心のままに
変わりゆくときのいま風に委ねてゆくよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:輝きの詩 歌手:徳永英明

徳永英明の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-05-06
商品番号:UMCK-1308
ユニバーサル・シグマ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP