試聴する

かもめが翔んだ日

この曲の表示回数 7,388
歌手:

松原のぶえ


作詞:

伊藤アキラ


作曲:

渡辺真知子


ハーバーライトが 朝日にかわる
そのとき一羽の カモメが翔んだ

ひとはどうして 悲しくなると
海を見つめに くるのでしょうか
港の坂道 かけ降りる時
涙も消えると 思うのでしょうか
あなたを今でも 好きですなんて
行ったり来たりの くりかえし
季節はずれの 港町
ああ わたしの影だけ

カモメが翔んだ カモメが翔んだ
あなたはひとりで 生きられるのね

港を愛せる 男にかぎり
悪い男は いないよなんて
私の心を つかんだままで
別れになるとは 思わなかった
あなたが本気で 愛したものは
絵になる港の 景色だけ
潮の香りが 苦しいの
ああ あなたの香りよ

カモメが翔んだ カモメが翔んだ
あなたはひとりで 生きられるのね

カモメが翔んだ カモメが翔んだ
あなたはひとりで 生きられるのね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:かもめが翔んだ日 歌手:松原のぶえ

松原のぶえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-04-22
商品番号:COCP-35550
コロムビアミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP