浮草の宿

この曲の表示回数 21,735
歌手:

殿さまキングス


作詞:

千家和也


作曲:

彩木雅夫


逢いたさに狂うほど 痩(や)せました私
走り書きをひとつ残し あなたが消えてから
惚(ほ)れて 惚れて 惚れぬいて
泣いて 泣いて 泣きぬれて
灰になるまで ついてゆきたい
ねぐらへ鳥が帰ります あなたに逢いたい

真夜中の急行で この街に着いた
宿の扉叩く音は よけいにみじめです
惚れて 惚れて 惚れぬいて
泣いて 泣いて 泣きぬれて
他にいい女(ひと) 出来たでしょうか
枕(まくら)を抱いて眠ります あなたに逢いたい

何ひとつ不自由なく 暮らしてた頃が
まるで夢かうそのようで 心が乱れます
惚れて 惚れて 惚れぬいて
泣いて 泣いて 泣きぬれて
肌は誰にも 許したくない
名もない花が咲いてます あなたに逢いたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:浮草の宿 歌手:殿さまキングス

殿さまキングスの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-07-07
商品番号:VICL-41051
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP