出来事

この曲の表示回数 4,055
歌手:

桜田淳子


作詞:

林春生


作曲:

高田弘


線路づたいに秋が 通りすぎる
夏の日の過ちを 哀れむように
数えきれないほどの 傷を残し
寒い寒い冬が いま訪れる
誰も悪くないの
何も恐くないの
過ぎた日の出来事に
鍵をかけてしまうわ……
数えきれないほどの 傷を残し
寒い寒い冬が いま訪れる

上り電車が秋を 乗せて走る
遠い日の過ちを 連れ去るように
わずか一年だけの 恋も終り
寒い寒い冬が いま訪れる
誰も悪くないの
何も恐くないの
夏の日の想い出に
鍵をかけてしまうわ
数えきれないほどの 傷を残し
寒い寒い冬が いま訪れる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:出来事 歌手:桜田淳子

桜田淳子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-08-22
商品番号:VICL-62512
Viictor Entertainment,Inc.(V)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP