八戸小唄

この曲の表示回数 23,321
歌手:

青森県民謡


作詞:

青森県民謡


作曲:

青森県民謡


唄に夜明けた 鴎の港
船は出て行く 南へ北へ
ハヨイヤサ
鮫の岬は 潮煙り
けむる波止場に 船つく頃は
白い翼を 夕陽にそめて
島の海猫 だれを待つ
いかりおろせば さ霧の中に
あかい灯影が チラチラ見える
行こかなつかし あの港
嶽の日和に 稲の花盛り
娘おどれよ おしまこ踊り
城下二万石 菊の里
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:八戸小唄 歌手:青森県民謡

青森県民謡の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-03-08
商品番号:KICH-2416
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP