心のきず

この曲の表示回数 12,097
歌手:

香田晋


作詞:

阿久悠


作曲:

三木たかし


夜にまぎれて 船が出る
傷をかくした 人が乗る
惚れた惚れたお前を 抱けもせず
意地で身をひく 馬鹿も乗る
北の海峡 ひゅるひゅると
風が泣き泣き 別れ唄

夢に何度か 起こされる
胸のいたみに 責められる
たったたった一度の 想い出を
酒にうかべて 朝を待つ
北の海峡 海鳥が
一羽はぐれて しのび唄

赤い夕日が とろとろと
溶けて真近(まぢか)に 夜が来る
抱いて抱いて寝たいと この腕が
捨てたお前を 恋しがる
北の海峡 口笛が
未練ひきずり 恋の唄
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:心のきず 歌手:香田晋

香田晋の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-09
商品番号:KICX-3731
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP