試聴する

春の足音

この曲の表示回数 16,148
歌手:

松山千春


作詞:

松山千春


作曲:

松山千春


頬をなぜた 冷たい風
それほどさびしいわけじゃないけど
若くないな… そんなことを
つぶやくなんて とてもおかしい
通りすぎた想い出たちに
笑われぬよう身がまえて
衿を立てた その指先で
白い雪が 舞い散る

足をとめて 手をさしのべ
落ちては溶けゆく雪を見つめ
ついてないな… そんなことを
つぶやくなんて とても悲しい
もどることは 出来ないことと
わかっていても つい振りかえる
知らず知らず 歩いた道を
白い雪が かき消す

ふり続け ふり続け
何もかも 埋めつくせ
誰ひとり 気付いちゃいない
短い 春の足音
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春の足音 歌手:松山千春

松山千春の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-11-21
商品番号:COCA-10503
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP