もし,それが…

この曲の表示回数 6,012
歌手:

財津和夫


作詞:

財津和夫


作曲:

財津和夫


もし それが 飲物だったら
百円玉で手に入れて
乾いた喉を潤おして
ぐっと そのまま 飲み干せたろう

でも それは 恋だった
氷のような 恋だった
熱すぎる 心が求めたから
少しづつ 溶けて消えた

もし それが 乗り物だったら
本でも読んでいるうちに
レールのうえを ただ走り
目的地へと着いただろう

すきとおった恋だった
初めて許した心だった
かどをまるくしはじめたときから
終わるはずの恋だった

もし それが 煙草ならば
煙になって 消えるだろう
灰皿のうえに 揉み消して
ゴミ箱へでも 捨てるだろう

でも それは 愛のくすぶりさ
でも それは 心の残り火
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:もし,それが… 歌手:財津和夫

財津和夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-02-22
商品番号:TOCT-8835
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP