ホテル リゾナーレ

この曲の表示回数 4,615
歌手:

財津和夫


作詞:

財津和夫


作曲:

財津和夫


ひとりでいる レストラン
山の上に建つ ホテル
大きな白い雲を風が押し続ける

いつになれば 会えるのかい
消えないんだ あの夜が
開いた 窓の下 裸で抱き合った

ぼくの腕の中から 萌えて開く花
白い肌に咲いてた 生まれて初めてみつけた花

どこで何を 今 君は
今夜 誰と 会うんだろう
君のあの唇を 誰に許すのだろう

ぼくの腕の中から 萌えて開く花
白い肌に咲いてた 生まれて初めてみつけた花

ぼくの腕の中から 萌えて開く花
白い肌をどうして あんなに 悲しく感じたのだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ホテル リゾナーレ 歌手:財津和夫

財津和夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-10-08
商品番号:PICL-1063
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP