不思議なときめき

この曲の表示回数 5,749
歌手:

財津和夫


作詞:

財津和夫


作曲:

財津和夫


心の奥から 飛び出しそうな
ため息が あつくゆれる不思議なおもい

誰かに話しても どこかがちがう
言葉には喩えられない 不思議なおもい

熱いコーヒーに角砂糖を入れたように
ぼくの心は まわりながら
たちまち 君に溶けた

ずっと前にも 出あったような
生まれる前から知っていたような そんな君さ

こんな気持 初めてなのさ
幼い子供のように 無邪気なぼくさ

太陽をめぐる 小さな惑星のように
ぼくの心は まわりながら
君を愛してゆく

今すぐにでも 駆けてゆきたい
大きな時計のみえる君の住む街

澄んだ青空と 澄んだ空気と
その下に君が居れば 何も要らない

澄んだ青空と 澄んだ空気と
その下に君が居れば 何も要らない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:不思議なときめき 歌手:財津和夫

財津和夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-11-19
商品番号:TOCT-10082
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP