ふたりのステージ

この曲の表示回数 4,817
歌手:

財津和夫


作詞:

財津和夫


作曲:

財津和夫


毎日逢えても 毎日足りない
裸にしたのに それ以上脱がしたい

どこかに行こうよ できれば遠くへ
ふたつの座席で ひとつの窓みて

白い肌をゆらす 君を想うだけで
動悸 息切れ 恋は唯一なりたい愉しい病気

突然始まったステージ
ふたつの愛を飾るステージ

星空を腕組み 旅する夢をみた
どこまでも どこまでも どこまでも
どこまでも……

ネクタイ・スーツで 迎えにゆくから
いつものあの店 足組み待ってて

ダンスは下手でも 踊るよ君なら
きらめくドレスは 笑顔でセクシー

もっと夜のつづきを たとえ朝になっても
めまいと不眠 恋は唯一なりたい愉しい病気

突然始まったステージ
ふたつの愛を飾るステージ

胸の中の海に 満ちてく幸せ
どこまでも どこまでも どこまでも
どこまでも……

突然始まったステージ
ふたつの愛を飾るステージ

胸の中の海に 満ちてく幸せ
どこまでも どこまでも どこまでも
どこまでも……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふたりのステージ 歌手:財津和夫

財津和夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-05-12
商品番号:PICL-1104
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP