望郷千里

この曲の表示回数 7,216
歌手:

三笠優子


作詞:

吉田旺


作曲:

弦哲也


海峡飛び立つ 海鳥よ
翼をおくれ 妾にも
望郷千里の 血の涙
幾度幾度 流して 耐えたやら

(台詞)
あゝ あれから何年過ぎたでしょう…
いくつになっても故郷が
恋しくて
懐かしくて…

戦(いくさ)の嵐に いたぶられ
縺(もつ)れて切れた 縁糸(えにしいと)
それでも生きてて よかったと
風に 風に 微笑む 紅芙蓉

(台詞)
お母さん…
せめてもう一度お母さんの
あったかい膝で泣きたかった
甘えてみたかった

昭和の倖らに 置いて来た
老女(おんな)が肩を 寄せあって
望郷千里の わらべうた
唱う 唱う 夜明けに 春よ来い
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:望郷千里 歌手:三笠優子

三笠優子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-09-06
商品番号:KICX-2605
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP