最後に信じられるものは

この曲の表示回数 9,434
歌手:

AMBIENCE


作詞:

北川浩


作曲:

遠藤修平・北川浩


世風に吹かれて 時代に流され
なんてちっぽけな俺の生き方
何かが足りない 今さら気づいた
中途半端な妥協の繰り返し

いつも誤魔化し隠してた
そんな昨日まで今捨てて
一度の人生悔いなんて残したくない

一度は締めかけてた 忘れてしまおうとしていたのに
最後に信じれるものは 明日を信じ続けたこの夢だと

見えない力は 日ごとに強まり
胸を貫く苦いこの思い
重ねた強がり 届かぬ悔しさ
飛べぬ鳥のように足掻き続けても

夢に振られたこのままじゃ
何のために生きているのか
分からないままで終えるのはまだ早いはず

一度は締めかけてた 忘れてしまおうとしていたのに
最後に信じれるものは 明日を信じ続けたこの夢だと

一度は締めかけてた 忘れてしまおうとしていたのに
最後に信じれるものは 明日を信じ続けたこの夢だと

一度は締めかけてた 忘れてしまおうとしていたけれど
最後に信じれるものは 明日を信じ続けた
永遠のこの夢 二度と迷ったりはしない

Oh Oh Oh Oh
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最後に信じられるものは 歌手:AMBIENCE

AMBIENCEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-12-16
商品番号:TECN-30240
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP