冬の東京

裕木奈江

冬の東京

作詞:田口俊
作曲:山崎ハコ
発売日:1993/12/12
この曲の表示回数:15,830回

冬の東京
卒業をしてからも この街で
何となく それなりに暮らしている
帰らないわがままは 夢のため
それとも かなわぬあの人のため

ニュースに ふと映ってた
ふるさとの初雪は
今では不思議な 白い景色

冬の東京は こんなに華やか
どんな真実も 見えないくらい

本当は いつの日かこの答え
出さなけりゃいけないとわかっている
でも今は その腕に甘えたい
このまま 私が強くなるまで

空から ふと舞い降りる
小さな粉雪は
つかの間の 手のひら すぐに溶ける

光る街路樹は きらめく幻想(まぼろし)
どんな寂しさも 忘れるくらい

冬の東京は こんなに華やか
どんな真実も 見えないくらい
瞳 映るのは 遥かな幻想(まぼろし)
たった一秒が 果てないくらい
まばゆいくらい

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:02:45

  1. なにわの男子やねん!
  2. 静寂のconcerto
  3. Serafine
  4. Room share
  5. 瞳そらさないで

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. With Us
  2. Walk It Like I Talk It
  3. 初恋が泣いている
  4. Algorithm
  5. OUTSIDERS

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照