玄界灘

この曲の表示回数 11,763
歌手:

段田男


作詞:

吉田旺


作曲:

市川昭介


怒涛逆巻く 玄海灘を
衝いて漕ぎだす 父子船
明日は東京へ 出てゆく俺に
海のにおいを おぼえてゆけと
しぶき しぶき眼尻に 光らせて
どなる親父のヨ 心が身にしむぜ

海栗を肴に 獨酒あおりゃ
あとは無口な 父子酒
花が咲いたら 迎えにくると
いえばあてには するかと黙る
白髪 白髪まじりの 陽灼け面
どうか達者でヨ 待ってておくれよな

照る日 時化る日 玄海灘の
潮でみがいた ド根性
やると決めたら梃子でも退くな
がんこ親父の 餞ことば
なんで なんで忘れて たまるかよ
骨の髄までヨ 玄海育ちだぜ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:玄界灘 歌手:段田男

段田男の新着情報

  • 男華 / ♪なんだなんだよ男じゃないか

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP