遠き故郷(ふるさと)

この曲の表示回数 8,367

あたり一面 広がっていた
しろつめ草で編んだ髪飾り
夕暮れの帰り道 小石を蹴って
どこまでも並んで歩き続けてた
瞳を閉じれば ほら
ひとつ残さず蘇る
今でも記憶の中
あの日のままの景色広がってる

悲しい時に心が帰る
大切な場所 胸の奥底に
変わりゆく街並みや人の気持ちに
気付かずに重ねた重く経(ふ)る時間(とき)よ
こんなに遠く離れ
私も変わってゆくけれど
いつでも心の中
あの日の私たちと生きている

いつでも心の中
あの日の私たちと生きている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:遠き故郷(ふるさと) 歌手:加藤晴子(あみん)

加藤晴子(あみん)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/10/22
商品番号:BVCR-11124
BMG JAPAN

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP