この曲の表示回数 6,755
歌手:

木山裕策


作詞:

多胡邦夫


作曲:

多胡邦夫


窓辺に舞う風のように柔らかいその眼差しは
時に優しく ときに強く全てを包んでいた

答えが何であろうとそんな事は関係がないんだ
君が隣にいる それだけでいい

何処か別の世界に僕らはいるみたいだね
何度も巡る季節を君の愛に重ね眺めていたい
君の手に触れながら感じたい

「何もわかってないんだね」
涙浮かべ 笑ってた
こんなに近くで想ってるのに
いったい何を見てたんだろう

同じ道を歩いて来た 同じ夢に同じ色を付けてた
君のその歩幅を無視したまま

何処で君の背中を僕は見失ったの?
何度も君の名前を呼んだけれど温もりは戻らない
君の手の温もりは戻らない

何処にいても君の姿を僕は探してしまう
だから何度も何度でも君の名を呼ぶよ
だけど温もりは戻らない
君の手の温もりはもう戻らない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:幻 歌手:木山裕策

木山裕策の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/10/08
商品番号:NFCD-27132
エイベックス・マーケティング

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP