FISH

作詞:槇原敬之
作曲:槇原敬之
発売日:1990/10/25
この曲の表示回数:24,148回

FISH
別れた後で短くしたの
君は前髪を少し手でといた
あなたよりもかまってくれるひとよ
ふざけて唇とがらす

幸せになることを願って
選んだ別れなのに
穏やかに笑う君を
憎みそうになるのは何故?

他の誰かの腕のなかで
君は綺麗に泳いでる
カルキの水が苦しくて
僕は駄目になってく

意味もなく他人同志の顔で
行き交う人たちと僕らを
映し出してるウインドウはまるで
夕暮れの水族館

ここでまた二人が出会ったのは
思い出辿ったのではなく
本当の偶然だよね
今は彼だけ愛しているはず

他の誰かの腕の中は
光の届く浅い海
僕といるよりもっともっと
綺麗な色を見せるのか

他の誰かの腕のなかで
君は綺麗に泳いでる
カルキの水が苦しくて
僕は駄目になってく

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:01:30

  1. Habit
  2. 喜劇
  3. ミックスナッツ
  4. 喝采
  5. 目を覚ませ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. With Us
  2. Walk It Like I Talk It
  3. 初恋が泣いている
  4. Algorithm
  5. OUTSIDERS

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照