君と涙と僕

この曲の表示回数 7,209
歌手:

GiFT


作詞:

竹本洋介


作曲:

竹本洋介


涙はね頑張ってる君の姿を
見ているよ 君が笑うその時まで
強がって笑わなくてもいいんだよ
本当はねどんな君だって輝いてるんだ

僕はいつでも歌っているよ
君が眠りにつくまで歌うよ

涙枯れて 疲れ果てた君と
僕はどこか似ているから
朝を迎え震える君を抱いて…

心はね いつも君を支えてくれる
我慢している事さえ分かってるんだ
君らしく そんな生き方出来ればいいな
聞こえるよ 未来へと続く足音が

寝静まる夜 何してるだろ?
窓の外を見上げては想うよ

コトバに出来ない ココロの傷みや
眠れない夜もあったっけ
君の為にココロの居場所作ったよ

涙枯れて 疲れ果てた君と
僕はどこか似ているから
朝を迎え震える君を抱いて…

不器用で 照れくさい君への詩を
精一杯 目を閉じて歌っているよ
そんな時 君は照れて笑う出すから
僕もまた それを見て 照れて笑ったんだ
大きな声で笑ったんだ
そんな君の事好きなんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君と涙と僕 歌手:GiFT

GiFTの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-08-20
商品番号:COCP-35117

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP