ギャロップ

この曲の表示回数 29,630
歌手:

pe'zmoku


作詞:

suzumoku


作曲:

Ohyama“B.M.W”Wataru


繋がる音が鼓膜を叩く 伝う言葉が胸を震わす
飛び交う光 ねじくれる影 暴れ回る原色のリズム

立ち眩む真夜中に 何もかもを手放して
涙も流し尽くしたなら
俯くことはもうないから

朝焼ける空 目覚める君が刻み始める確かな日々
その時の中この声は響いてくれるだろうか
聞こえてるなら 届いてるなら 腕をかざして見せてくれ
まだ小さくて零れそうな光でも
駆け出して

澄ました耳で 開かれた目で 二度とない空気を噛み締めて

気がついた幻に 今にも崩れそうでも
心が叫び続けるなら
どこにも間違いなど無いから

朝焼ける空 見上げる君が求め始める一つの夢
そのすぐ傍で この声は響いてくれるだろうか
聞こえてるなら 届いてるなら 足を鳴らして応えてくれ
果てない道につまづいて振り向いても
駆け抜けて

朝焼ける空 明らむ街が今にも息を吹き返す
ほころびだした不器用な君の笑顔も
輝いて見える
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ギャロップ 歌手:pe'zmoku

pe'zmokuの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-09
商品番号:DFCL-1479
DefSTAR RECORDS(SME)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP