試聴する

真冬の光

この曲の表示回数 10,850
歌手:

THE BACK HORN


作詞:

菅波栄純


作曲:

THE BACK HORN


この心が汚れてても吐く息は白
窓を開けて見上げていた放課後の空

いつかは僕らも大人になってく ただ
命や愛の意味は置き去りのままで

机の奥 握りしめたガラスのかけら
お前なんて死ねばいいとささやく声

穢れを知らない真冬の光が降る
平和な教室から何処へも行けずに

退屈な日々の中 残酷な出来事を
本当は望んでいる?
耳鳴りを止めてくれ ニヤついた傍観者(やつら)ごと
メチャクチャに切り裂きたい 何もかも

いつかは僕らも大人になってく ただ
命や愛の意味は置き去りのままで

それでもいつかは誰もが大人になってく ただ
犯した過ちさえ償いもせずに あぁ…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:真冬の光 歌手:THE BACK HORN

THE BACK HORNの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-14
商品番号:VICL-36362
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP