夏の夢

この曲の表示回数 6,749
歌手:

TRIPLANE


作詞:

Hyoue Ebata


作曲:

Hyoue Ebata


月明かりの下 くたびれた空き缶横たわる路地
虫の声が耳障りな夜 連れもなく僕は一人
一度だけ君と見た花火 目映い光拭い去る風
蒸し暑い夏の終わりに 夢が急ぎ足で消えて行く

何も見えない
その声は聞こえないよ
もう誰も居ない場所でまた夜が明ける

濡れた芝の上寝転がる体 汗の臭い
何も無いのに握ってみる手の平
君の温度は覚えてる

でも何も見えない
痛みすら感じないよ
薄れる記憶だけがこの胸を刺す
あぁ君は酔い薬
もぅ期限が切れたみたい
目が醒めた夏の夢
もう僕も居ない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の夢 歌手:TRIPLANE

TRIPLANEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-10-18
商品番号:NFCD-27033
tearbridge records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP