ありのままでそばにいて

この曲の表示回数 23,783

時はただ僕のために 流れてくはずだった
自分以上に誰かを 思う日が来るなんて

新しい五線紙には 悲しい唄もあるだろう
だけど君がいるかぎり 声を枯らし唄うよ

君というその強さ 君というその儚さ
君というその優しさの中で
僕は気づいていく ずっと探していく
明日のためにできること

追いかけてもがくうちに 夢は形を変えて
何処へ向かっていたのか 見えなくなる日がある

そんなとき僕はいつも 一本の木を見上げ
何があってもぶれない 帰り途を知るんだ

光が君を照らし 雨が君を濡らし
風が君を裸にしても 僕が季節になる
ずっと見つめている ありのままの君のこと

傷つかずに歩きたくて 頑なに閉ざした日々もあった
君と勇気に満たされて 失くすものは もう何も無いから

君というその笑顔 君というその涙
君というその奇跡に出逢い
僕は気づいていく 限りある命は愛するためと

光が君を照らし 雨が君を濡らし
風が君を裸にしても
僕が季節になる ずっと愛していく ありのままの君のこと
だから安心して 僕に身をゆだねて ありのままでそばにいて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ありのままでそばにいて 歌手:郷ひろみ

郷ひろみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/06/11
商品番号:SRCL-6788
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP