白い月

シャーマンキング イメージソング

この曲の表示回数 7,713

闇の中に月は白く
時を止めて眠るかのように
長い夜も息をひそめ
遠く光る
まるで君の夢

ah- 壊れかけた この胸には
誰もかもが偽りに見えた
記憶だけをたぐり寄せて
ひとつひとつつなぐたび

二度とあの日は戻らない
君にはもう逢えない
思い知らされ 孤独の海で
愚かすぎる幻惑に呑まれた
愛だと信じて

ah- 闇の中を僕は歩く
時を止めて眠るかのように
長い夜も息をひそめ
君は僕を待つだろう

そしてあの日に戻れると
二人は微笑みあうと
ただそれだけに 救われたくて
誰のために命はあるのかに
気付けないまま

あの日には戻れない
それでも胸にはいつも
空にはいつも 輝きながら
誰のために命はあるのかを
君は白い月
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白い月 歌手:ファウストVIII世(子安武人)

ファウストVIII世(子安武人)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/03/27
商品番号:KICA-570
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP