夜間飛行 ~毛利衛飛行士の夢と笑顔に捧ぐ~

この曲の表示回数 8,084
歌手:

さだまさし


作詞:

さだまさし


作曲:

さだまさし


夕べ風になった夢をみた
僕はまだ少年のままだった
そっと君の家まで飛んでみた
君もまだ少女のままだった

庭にとても大きな犬がいて
そいつだけが僕に気付いた
僕はにれの木の枝に腰かけて
小さく君の名前を呼んだ

夜空にはエンデバー無重力の満月
サソリづたいに銀河鉄道
夢よこのまま覚めるな 夢よこのまま覚めるな
僕は祈り続けた

そうだ思いだした子供の頃
ほんとうに空を飛んだことがある
公園のジャングルジムの上から
教会の十字架ぞいに港まで

もちろん誰も信じないけど
僕は今でも信じてる
むかし人は空を飛んでいた
どこかに羽根を忘れただけ

夜空には リンドバーグ 相対性の煩悩
仕事疲れの場合じゃない
ベランダから見渡せば 町は光の洪水
明日 元気になろう

夕べ風になった夢を見た
僕はまだ少年のままだった…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜間飛行 ~毛利衛飛行士の夢と笑顔に捧ぐ~ 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-06-30
商品番号:FRCA-1119
フォア・レコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP