試聴する

導火線

この曲の表示回数 17,632
歌手:

椿屋四重奏


作詞:

中田裕二


作曲:

中田裕二


白い背中を 夕日が縁取る
黒い瞳に 火種を隠して
近付く程に熱を帯びてゆく
重なる影と 罪を見た

あの日の傷跡が 君を引き戻した
何食わぬ顔で

絡まり うずくまり 答も聞かずに
許したその隙に 燃えて拡がる

互いに春を 待ち切れず

ほつれた髪に 途切れた声が
緩く結んだ 唇が

絡まり うずくまり 答も聞かずに
許したその隙に 燃えて拡がる
耳を塞ぐ吐息 焼け落ちた空
この身を引き離す 時を逃した

互いに春を待ち切れず
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:導火線 歌手:椿屋四重奏

椿屋四重奏の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-08-27
商品番号:UKDZ-029
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP