試聴する

クリスマス・ローズ

この曲の表示回数 9,379

思い出の輪郭が 少しずつほどけてくると
思い出は全て 美しくぼやける もののようね
久しぶりに あなたの 故郷を訪ねたら
何故だか あの頃よりも 暖かくて 泣きそうになるわ

金色の麦畑の中を ただまっすぐに
一筋の小径が 地平線まで 伸びていたね
ふたりきりで 手をつなぎ 歩いたあの頃
その道は 「永遠」まで 続くと 信じていた

あなたと暮らした 小さな川の
畔の小さな家は
あの頃のまま 時間を止めて
私を 待っていた

見知らぬ人がささやかに暮らしてる 家の庭の
片隅にはあの頃よりも大きく 育った 桜
桜、桜、あなたが 植えた花が あんなに
綺麗に 咲いているよ 嬉しくて 泣きそうになるわ

雪解けで水かさが増している 小さな川の
跳ね橋の上をゆくひとがそっと私を見ているわ
思い出とは こうして 振り返るだけでなく
昔を 許すために 少しずつ 育つものらしい

思い出したわ あの頃そっと
私が植えた花を
桜の下の 木陰のあたり
ほら まだ咲いてる

まるであなたに 抱きしめられた
あの日の私のように
涙を止めて 時間を止めて
私の クリスマス・ローズ

忘れないで 居てくれたのね 二人の クリスマス・ローズ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:クリスマス・ローズ 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-09-26
商品番号:FRCA-1091
フォア・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP