試聴する

冬の蝉

この曲の表示回数 23,826

時として人は 季節を違えて
生まれることがある 冬の蝉のように
けれど短い時代(とき)を 悲しみもせずに
鳴き尽くせたら誰も 嘘と呼びはしない

せめて 枯野を駆け巡る
夢と呼んでも
いつか 時の流れを越えて
真実(ほんとう)になる日が来る

あゝ生命は生命 夢は夢
何処で咲くかは 風に訊け

時として花は 季節を違えて
咲き匂うことがある 早い春のように
迷い咲きと呼ばれて 疑いもせずに
咲き尽くしたら誰も 嘘と呼びはしない

せめて蒼い空を埋める
風の色になれ
いつか時の流れを越えて
実を結ぶ日も来る

あゝ心は心 花は花
何処で散るかは 風に訊け

せめて 枯野を駆け巡る
夢と呼んでも
いつか 時の流れを越えて
真実(ほんとう)になる日が来る

あゝ生命は生命 夢は夢
何処で咲くかは 風に訊け
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬の蝉 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-06-30
商品番号:FRCA-1115
フォア・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP