田中さん、愛善通りを行く

この曲の表示回数 7,863

遠くの街が光に包まれた夜
知らない人が気になって雨宿りするんだ
夏の雨は二人を射してまだ見えない色を出すのさ
にわかに訪れた次の季節のように
田中さんはいつも笑うんだ
晴れた朝も雨の夜も
田中さんはとても優しくて
見てるこっちが辛いんです

知らない人が遠くの空を眺めてる
止みそうにない雨の中をぼんやりと探した
夏の雨は形が悪くてつかめなくて悲しい音で
二人はいつの日か約束を守らない
田中さんはたまに怒るんだ
苦い味のままにするなって
田中さんはそして話すんだ
それはそれはいいことを

田中さんは
何があってもしっかり見つめてる
田中さんは
小さいけどたくましい
頼もしいタマです
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:田中さん、愛善通りを行く 歌手:空気公団

空気公団の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP