想い出にかわるまで

この曲の表示回数 15,538
歌手:

徳永英明


作詞:

秋谷銀四郎


作曲:

徳永英明


風に舞う 君のまなざし
遠い日を 見ている
君の心に 鍵をかけてる
違う誰かを 思いださないで

色あせた 笑顔の奥に
凍えてる 淋しさ
僕を見つめて ためらいがちに
言いかけたこと 今はたずねない

ため息が眠るまで この腕の中で
とめどないその涙 あたためてあげる

帰る場所 なくしたように
立ちすくむ 迷い子
君が守った 光る夢なら
あきらめないで 君を待っている

想い出にかわるまで 歩きたい今夜は
ふりむいた街角に 哀しみを捨てて

想い出にかわるまで この胸のどこかで
まぶしげなその素顔を 抱きしめていたい

想い出にかわるまで…
信じてた愛の日に ふと出会うはずさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:想い出にかわるまで 歌手:徳永英明

徳永英明の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003/02/27
商品番号:UMCK-1127
ユニバーサルJ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP