時雨月

この曲の表示回数 11,392
歌手:

北島三郎


作詞:

星野哲郎


作曲:

原譲二


惚れて枕も 渇かぬうちに
恋も半端な 三国越え
みれん残して 旅路をゆけば
山の紅葉の 間から
泣いて見送る
君の瞳のような 時雨月

風に吹かれて 重なり合った
落葉みたいな 恋だから
義理は止そうと 指切りしても
別れまぎわの ため息が
うしろ髪ひく
旅が荷になる 時雨月

心つなげる 妻篭の灯り
逢えぬ辛さを 誘うだけ
旅が塒の さすらい稼業
胸に吊した 似顔絵の
君と一緒に
越える木曽路は 時雨月
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時雨月 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-24
商品番号:CRCN-40162
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP