時雨月

北島三郎

時雨月

作詞:星野哲郎
作曲:原譲二
発売日:1995/03/24
この曲の表示回数:14,993回

時雨月
惚れて枕も 渇かぬうちに
恋も半端な 三国越え
みれん残して 旅路をゆけば
山の紅葉の 間から
泣いて見送る
君の瞳のような 時雨月

風に吹かれて 重なり合った
落葉みたいな 恋だから
義理は止そうと 指切りしても
別れまぎわの ため息が
うしろ髪ひく
旅が荷になる 時雨月

心つなげる 妻篭の灯り
逢えぬ辛さを 誘うだけ
旅が塒の さすらい稼業
胸に吊した 似顔絵の
君と一緒に
越える木曽路は 時雨月

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 5:00

  1. Come

    安室奈美恵

  2. LABYRINTH ~ラビリンス~

    貴水博之

  3. ハロー

    堀江由衣

  4. 東京

    マイ・ペース

  5. ふたりのOrion

    Rihwa

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成