試聴する

さすらい情話

この曲の表示回数 7,517
歌手:

水前寺清子


作詞:

藤公之介


作曲:

猪俣公章


おまえ十九の 花咲かせ
俺に抱かれた 二年前
あれは南の 港町
たしか時雨の 秋の頃
俺が最初の 男だと
熱い眼をして ついた嘘
話す言葉の 端々に
にじむ十九の ふしあわせ
月日流れて 時うつり
俺も流れて 北の町
どこかやつれた もの腰の
おまえ見つけた 酒場町
二年歩いた 足跡を
笑い話で ごまかして
白みはじめた 夜明け頃
肩を寄せ合う 旅の宿
軽い寝息を たてながら
夢で泣いてる 腕の中
旅の終わりは いつになる
流れ転がる 花ふたつ
流れ転がる 花ふたつ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さすらい情話 歌手:水前寺清子

水前寺清子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP