母・子守唄

この曲の表示回数 7,819

母ほど強い 人はない
子ほどしがない 者はない
色恋すてた 女がひとり
似たよな男と めぐり逢い
ふるさと肴に 呑みながら
うたう五木の 子守唄

啼くな さわぐな 母恋い鴉
胸の痛みが 母の声

グラスに浮かぶ 面影は
春の小川で 洗い髪
竹籠しょって タラの芽摘んで
門出を祝って 呉れた人
あの山 あの川 変わらねど
母は冷たい 石の下

身を切る恋の 思い出も
笑い話に なりました
色恋すてて 育ててくれた
あの母思えば ただほろり
故郷は茜(あかね)の 雲の涯(は)て
つもる不幸が 身にしみる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:母・子守唄 歌手:水前寺清子

水前寺清子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998/03/18
商品番号:CRCN-40541
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP