この曲の表示回数 8,653
歌手:

川嶋あい


作詞:

川嶋あい


作曲:

川嶋あい


仕事が終わって家路を歩いた
5時の鐘が街に響く
暗くなるこの空にたそがれ歩いていた
家のドアーを開け「ただいま」と言った
迎えてくれる君の顔 この瞬間が一番大好きなんだ
今日あったことただ君はうなずきながら聞いてくれたね
帰る場所はいつもここにある
君と一緒にこの部屋に灯した灯
「おかえり」の声聞くたび あたたかく光り出す
いつまでも

寝不足の朝 差し込む朝日に照らされた君の寝顔が
何よりも愛しすぎてたまらなかったよ
忙しい日々に追われる中で少しずつ変わりだしたね
目が覚めたら君はいなかった
昨日まで確かにここで灯した灯
優しさの意味を間違え 気づいた時にはすでに
消えていた

帰る場所はもうここにないよ
ぬくもりを求めてももう灯らぬ灯
一人になって初めて 本当の輝きを
知ったんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:灯 歌手:川嶋あい

川嶋あいの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-12-12
商品番号:TRAK-78
Tsubasa Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP