さいはての唄

この曲の表示回数 5,554
歌手:

柳うた子


作詞:

星野哲郎


作曲:

船村徹


逢わぬ先から お別れが
待っていました 北の町
行かなきゃならない
アリューシャン
行かせたくない 人なのに

どうせ私は にしん場の
街の夜風に 咲いた花
こんどあなたの かえるまで
咲いているやら いないやら

灯り凍てつく ノサップの
海を北へと いそぐ船
男なりゃこそ 唇に
含む笑顔も 辛かろう

雪に埋もれた ハボマイにゃ
死んだ親御の 墓もある
飲ませてやりたや 好きな酒
あなた代りに 注がせてね
あなた代りに 注がせてね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さいはての唄 歌手:柳うた子

柳うた子の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-08-21
商品番号:CRCN-50117
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP