試聴する

青い春.虚無

この曲の表示回数 16,486
歌手:

Base Ball Bear


作詞:

小出祐介


作曲:

小出祐介


窓ガラス割ろうとしてた君の心は
凍ったまま 凍ったまま
虚しさが痛むよ

奴を殴ろうとしてた君は拳を
握ったまま 握ったまま
隠して今夜も泣いた

嗤った 彼らの声に 耳を塞げよ 貝になって

ああ 今は光が見えなくとも
暗がり 走り抜けろ
そう 訳も無くからっぽの季節だけど
それが 青い春だ

星に願いをかけた君のその眼は
潤んだまま 潤んだまま
乾く様子はない

助けてほしいという君の叫びは
届いたのかな 届いたのかな
誰が聞いてくれるの

夕方 感じた傷の 僕はもういない 嘘みたいに

ああ 今は光が見えなくとも
暗がり 走り抜けろ
そう 訳も無くからっぽの季節だけど
それが 青い春だ

嗤った 彼らの声に 耳を塞げよ 貝になって
夕方 感じた傷の 僕はもういない…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青い春.虚無 歌手:Base Ball Bear

Base Ball Bearの新着情報

  • 試される / ♪颯爽という字面が似合う
  • Flame / ♪気付くと暗闇にひとり
  • PARK / ♪尻尾切られたトカゲ
  • ポラリス / ♪志ん朝の三枚起請を聴きながら
  • image club / ♪足りないものは何も無い

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-12-05
商品番号:TOCT-26480
EMI Records Japan

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP