北の女

この曲の表示回数 8,869
歌手:

杉良太郎


作詞:

池田充男


作曲:

伊藤雪彦


白い氷柱(つらら)で 死ぬことも
できるといった 一途(いちず)なおまえ
うらみながらも 襟巻きに
俺をつつんで くれるやつ
ああ北の女の 情(なさ)けがしみる

燃えてなおさら 白い肌
ひと夜(よ)で帰る わかれをとめた
いのち重ねた やどの灯(ひ)が
雪に吹かれて 凍る町
ああ北の女を 忘れはしない

遅い列車を 待ちながら
後から来いと 手紙をわたす
そっとうなずく 横顔に
むせび泣くよな 雪嵐
ああ北の女よ かわいいやつよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北の女 歌手:杉良太郎

杉良太郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-03-21
商品番号:TECA-30691
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP