おもいでの神戸

この曲の表示回数 15,343
歌手:

杉良太郎


作詞:

坂口照幸


作曲:

弦哲也


この坂下りたら 海から風が吹く
神戸 元町 ここへ俺を呼ぶ
もの言わぬ 過去がある 男の胸には
今もこの俺 迎えてくれるのか
坂の町 海の町
おもいでの神戸

昨日は遠くて あの日が近くなる
酒で忘れて 酒で苦しむよ
面影を 掠(かす)めてく 桜の花にも
こころ痛める 「許してくれるかい…」
うしろ影 細い肩
おもいでの神戸

こんなに眠りを 貪(むさぼ)り尽くすのは
神戸 須磨浦 いつの頃だろう
港には 今日も又 入船出船の
俺もここから も一度出直せる
坂の町 海の町
おもいでの神戸
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おもいでの神戸 歌手:杉良太郎

杉良太郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-06-21
商品番号:TEDA-10536
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP