ああ上野駅

氷川きよし

ああ上野駅

作詞:関口義明
作曲:荒井英一
発売日:2003/11/19
この曲の表示回数:18,340回

ああ上野駅
どこかに故郷の 香りをのせて
入る列車の なつかしさ
上野は俺(おい)らの 心の駅だ
くじけちゃならない 人生が
あの日ここから 始まった

「母ちゃん 今度の休みには
店の旦那さんも故郷(くに)に帰れって
言って下さってるんだ
おれ 今度帰ったら 母ちゃんの肩を
もういやだって言うまで
たたいてやるさ」

就職列車に ゆられて着いた
遠いあの夜を 思い出す
上野は俺(おい)らの 心の駅だ
配達帰りの 自転車を
とめて聞いてる 国なまり

ホームの時計を 見つめていたら
母の笑顔に なってきた
上野は俺(おい)らの 心の駅だ
お店の仕事は 辛いけど
胸にゃでつかい 夢がある

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません