白夜

この曲の表示回数 11,232

それは他愛もない ひとときなのかもしれない
わたしのくちびる ささやく詩も

だけど息をする
ちゃんと息をする

美しいことだけが 明らかなものだけが
世界の何処かで震えている
きみを包むようにと

長い歴史では ひとつぶの砂にすぎない
形あるものは 朽ち果てるけれど

「キョウ コウシテ ココニイルヨ」
他には替えられない意味があるから

だから息をしよう
ちゃんと息をしよう

奪いあう虚しさが 借りものの感覚が
小さな体で叫んでいる
きみを迷わせないようにと

真夜中の太陽が
まっすぐに手をのばす
きみを見てる

許しあえる明日を やわらかな約束を
美しいことだけを 明らかなものだけを
世界の何処かで震えている
きみにあげたい…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白夜 歌手:元ちとせ

元ちとせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-07-07
商品番号:ESCL-2725
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP