試聴する

忘れな草

この曲の表示回数 10,468
歌手:

僕道1号


作詞:

宮田啓司


作曲:

宮田啓司


どうしてこんなふうに終わりの日が訪れると思えただろう
薄紫色の空に月を探した
どんな疲れた日も眠れなくて青いランプ着信待ち
喪失感覚えてゆく金曜の夜

思い募るほど独りよがりになる
今になって気付いたって変わらない日々よ

忘れな草、アルバムより心に焼きついた
思い出の捨て場所がないよ
叶わないと知りながらも想い続ける事
その欠片でもいい君に届けばいいな

いつか君に上げたペンダントも首元から消えていった
思い返す時間だけが虚しくさせる

東京の街で濁っていくように
君が去ってそれはずっと終わらないけれど

忘れな草、辿り着いた答えはあまりにも
今をしのぐ事しかできず
「忘れたい」と思うほどに痛みが鮮やかに
蘇り何かを訴えかけているよ

いつになっても面影全部消えないのは
そう、忘れな草のせい

忘れな草、アルバムより心に焼きついた
思い出の捨て場所がないよ
叶わないと知りながらも想い続ける事
その欠片でもいい君に届けばいいな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:忘れな草 歌手:僕道1号

僕道1号の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-04-11
商品番号:TRAK-59
Tsubasa Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP