ドライフラワー

この曲の表示回数 8,032
歌手:

藤谷美和子


作詞:

秋元康


作曲:

後藤次利


天窓の月が じっとしてるのは
自分ひとりでは 変わらぬ夜のせい

あの人の腕に 誰か 抱かれても
今は この部屋で 電話を待つだけ

探してはいけない恋と わかってはいるの
愛しさが 相手を 追いつめてしまう
知らず 知らずのうちに

ドライフラワー
涙は もう 枯れてしまうくらい
泣けたら きっと
いいのに……
ドライフラワー
涙は もう 枯れてしまうくらい
時が 過ぎ去れば
AH- 花になれる

めぐり逢う順序で 誰のものなんて
決まるわけじゃない 心は自由よ

今という花瓶の中の 切り花にしても
美しい想いは はかなさに変わる
それが 命あるなら

ドライフラワー
これから もう 永遠になりたい
いつでも そばに
いさせて
ドライフラワー
これから もう 永遠になりたい
時を 止めたまま
AH- 花のままで

ドライフラワー
涙は もう 枯れてしまうくらい
泣けたら きっと
いいのに……
ドライフラワー
涙は もう 枯れてしまうくらい
時が 過ぎ去れば
AH- 花になれる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ドライフラワー 歌手:藤谷美和子

藤谷美和子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-08-31
商品番号:COCA-13617
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP