望郷神楽ばやし

この曲の表示回数 8,669
歌手:

永井裕子


作詞:

吉岡治


作曲:

四方俊明


夕月は三瓶の山に
宵闇の神楽は風に
遥か神代を連れてくる
どんなに遠く離れても
呼んでる故郷が
慣れぬ東京で気を張って
涙に負けた夜もある
わたしは挫けない
いつも心に故郷がある

夢の中ウミネコ飛んだ
琴ヶ浜夕波小波
ひとり歩けば砂が鳴く
三年ぶりに帰ろかな
あなたに会えるかな
淡くはかない初恋は
始まる前に終わるとか
あの日の落し物
わたし見守る故郷がある

淋しいときは目を閉じりゃ
浮かぶよ故郷が
石見銀山 三瓶川
夕焼け雲に笛太鼓
わたしを抱きしめる
神楽囃子の故郷がある

神楽囃子の故郷がある
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:望郷神楽ばやし 歌手:永井裕子

永井裕子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-03-28
商品番号:KICM-30067
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP